SUPER GT×DTM DreamRace 特別交流戦 日欧メーカーによる史上初の競宴 11/23(SAT)、11/24(SUN) SUPER GT×DTM DreamRace 特別交流戦 日欧メーカーによる史上初の競宴 11/23(SAT)、11/24(SUN)

観戦チケットのご購入はこちら

ABOUT

SUPER GT × DTM 特別交流戦とは

世界に冠たる多くの自動車メーカーを持つ日本とドイツで、それぞれ最も人気のあるレースが同じ規格のレーシングカーで一緒に走れば、さらに面白いレースができるはず。そんな思いを乗せて動き出した車両規格統一化が2018年遂に完成。SUPER GTからはGT500クラスに参戦しているレクサス・ニッサン・ホンダ、DTMからアウディ・BMWの日欧メーカーによる史上初の特別交流戦が11月23日・24日、富士スピードウェイで開催します。

市販車をベースに改造された究極のレーシングカーによる国内トップカテゴリーのレースです。2つのクラスで争われ、GT500クラスはレクサス・ニッサン・ホンダの3メーカー、GT300クラスは数多くの国内外のメーカーが参戦、両クラス合わせて40台以上の混走バトルは迫力満点。年間約40万人が現地観戦に訪れるほど、高い人気を呼んでいます。

F1に匹敵するほど多くの観客が訪れるなど、ヨーロッパのレースファンに親しまれているドイツツーリングカー選手権(DTM)。ドイツでは国営放送でテレビ中継されるほどの人気があり、アウディ・BMW・アストンマーティンの3メーカーが毎戦熱い戦いを繰り広げています。ルールによって改造できる範囲の限定やタイヤのワンメイク化など、コストを抑制する工夫も施されています。